トップメッセージ

持続的成長と企業価値向上を目指して、新たなステージへ

持続的成長と企業価値向上を目指して、新たなステージへ

持続的成長と企業価値向上を目指して、
新たなステージへ

株式会社グリーンズ
代表取締役社長 村木 雄哉

Slider

持続的成長を目指して、新たなステージへ

株式会社グリーンズ

代表取締役社長 村木 雄哉

新型コロナウイルス感染症による経済活動の停滞が大きく影響

近年、宿泊業界は安定的な国内需要と増大するインバウンド需要に支えられ、特に東京・大阪などの都心部では宿泊主体型ホテルの新規出店が加速するなど、市場全体の拡大基調が続きました。

こうした中、グリーンズグループでは需要予測に基づく柔軟な販売施策や販路拡大などの取り組みを進めていましたが、2020年2月頃から新型コロナウイルス感染症拡大の影響により海外からの入国は制限され、出張や観光等の国内の宿泊需要も急速且つ大きく減少しました。以降、大都市を中心に、度重なるまん延防止等重点措置や緊急事態宣言の発出による経済活動や行動の制限が続いており、本格的な需要回復には至らない事業環境が続いています。

アフターコロナの早期成長軌道回帰に向け、ローコストオペレーション体制を構築

2021年6月期は債務超過となった結果、誠に遺憾ながら当期の配当は無配とさせていただくこととなり、株主の皆さまのご期待に添えず深くお詫び申し上げます。

このような状況に対し、2022年6月期は構造改革推進本部を立ち上げ、コスト削減効果のあった項目の更なる深化、あらゆる角度からの効率化策推進によるローコストオペレーション体制の構築を進めるとともに、アフターコロナを見据えた新たな販売機会の創出や商品力の強化に取り組んでいきます。一方で早期の債務超過解消、成長軌道回帰に実現に対しては、効率化策や商品力強化策の実行に際し一定の投資資金の確保が不可欠です。資本性のある資金の調達が必要であるとの考えから様々な検討を行い、第三者割当による優先株式の発行を決定いたしました。

事業環境の変化に合わせ柔軟に対応、優先順位を再確認し成長路線回帰を目指す

今般の新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、社会全体は大きく変わることが予想されます。足元では通勤や出張の見直し、テレワークの推進などが進んでいます。

しかしながら、回復時期は不透明ながら需要は必ず戻ると考えています。WEB会議やテレワークが急速に伸びた結果、地理的にはこれまで以上に広範囲なネットワークが形成されており、これは今後、新たな移動需要の呼び水になると考えられます。また国内レジャーや訪日外国人客数の推移はいずれもコロナ禍以前は増加基調にありました。インバウンドやレジャー関連の宿泊需要も、これらの根強いニーズに支えられ、それぞれのタイミングで戻ってくると確信しています。

「ホテル専業オペレーター」としての強みを活かして、ステークホルダーとともに、3つの“もっと”で新たな旅へ

経営ビジョン「TRY!NEXT JOURNEY ~新たな旅に踏み出そう~」に盛り込んだのが、「もっと、自由な旅へ」、「もっと、人と環境のそばへ」、「もっとワクワクする未来へ」というサブコンセプトです。この3つの“もっと”を通して、お客様や働く人たちなどすべてのステークホルダーに、自由やホスピタリティ、そして感動といった価値をお届けしよう、という私たちの決意を表明しました。

ホテルは「旅」という経験の一部ですが、ビジネスホテルから事業をスタートした私たちが追及するのは、旅の「目的」になるようなホテルではなく、お客様の快適な旅をサポートできる「手段」としてのホテルです。当社グループが目指し、実現してきた自由で便利で手軽なホテルは、「ホテル専業オペレーター」として試行錯誤の中で長年にわたって磨き上げてきた経営ノウハウや効率的なオペレーションの結実でもあります。

これまで私たちは、20年以上に及ぶ賃貸借契約によって長年にわたってパートナーとの共同事業を継続して行ってきました。何物にも代えがたい「信頼」という財産を作ってきたその基本姿勢もまた、経験豊富な「ホテル専業オペレーター」という強みに裏打ちされているのです。

“グリーンズらしさ”をこれからも

ホテル業界は、新型コロナウイルス感染症の拡大以降、感染状況の推移やそれに伴う行政府の対応、収束時期の目途が不透明であることから、先を見通すことが難しい状況が続いております。

このような環境の下、新型コロナウイルス感染症予防対策を講じた事業運営の徹底、経営環境の変化に耐えうる体制実現に向けたコスト削減を進めつつ、早期の成長路線回帰に必要な投資を見極め、実施していきます。

運営コスト、本社部門コストの見直しなどの費用圧縮などにより安定した事業運営継続に努める一方、各自治体、行政の宿泊・観光支援策への積極的な参画や、様々な観光需要喚起策から生まれる宿泊需要の取り込み等、事業環境に合わせた営業強化を進めます。

これまで「宿泊特化型・中間料金帯ホテル」で着実に収益を上げ、手堅く成長を遂げてきた“グリーンズらしさ”をベースに、さまざまな改革を果敢に推進しながらも、奇をてらったことなどに安易に手を出すことなく、当社らしい成功モデルを追求しながら、2030年の経営ビジョン実現に向けた企業価値向上へ努めてまいります。

株式会社グリーンズ
代表取締役社長 村木 雄哉

タイトルとURLをコピーしました