三重県

「三重県産再エネ電力利用事業者」に認定されました

三重県では、脱炭素社会の実現を目指して2050年までに温室効果ガス排出実質ゼロを目指す「ミッションゼロ2050みえ」を推進しています。その取り組みの一環として、県内の太陽光、風力等の再生可能エネルギーによって発電された電力(三重県産再エネ電力)の県内における利用拡大を通じた地域の脱炭素化を進めており、三重県産の再エネ電力プランの周知と共に、三重県産の再エネ電力利用に積極的に取り組む県内事業者を“地域とともに脱炭素をめざす事業者”として認定する事業を行っています。

「三重県SDGs推進パートナー」に認定~グリーンズグループ もっと人と環境のそばへ~

 株式会社グリーンズ(本社:三重県四日市市、代表取締役社長:村木雄哉、証券コード:6547)は、2022年1月、三重県が実施する登録制度「三重県SDGs推進パートナー」の第一期に登録されました。SDGs推進パートナーとして今後すべてのステークホルダーとともに、社会に新しい価値を生み出し、分かち合い、ともに持続可能な社会の実現を目指してまいります。

未来を担う「人づくり」 三重県の特別支援学校で接客サービス技能講習

 株式会社グリーンズ(本社:三重県四日市市、代表取締役社長:村木雄哉、証券コード:6547)は、2021年10月、三重県内の特別支援学校で「接客サービス技能講習」を実施しました。同講座は、三重県立特別支援学校高等部生徒の将来の職業的自立に必要な能力や態度の育成を図ることを目指したもので、三重県教育委員会の講師要請によるものです。日本全国で99店のホテル運営を手掛けるグリーンズグループで行われる社内研修講座の一部をアレンジし、接客サービスの基本(表情や挨拶など)についての座学講習のほか、実践学習としてレストラン(喫茶)の場面設定で、ご案内から後片付けまでのロールプレイング研修を実施しました。長年のホテル運営ノウハウをベースに作られ、ブラッシュアップされてきた研修を通じて、これから社会の一員として働く地域の学生にホテル業界や観光分野で役立つ知識や実践力を養う機会を提供し、観光分野や地域社会の発展及び将来世代の人財育成に貢献してまいります。

全てのホテルで登録完了 三重県「あんしん みえリア」

~Withコロナ時代、安心して三重県での観光・飲食・宿泊を~  株式会社グリーンズ(本社:三重県四日市市、代表取締役社長:村木雄哉、証券コード:6547)では、2021年11月8日(月)、同社が三重県内で運営する全てのホテル(17店舗)について、三重県が感染防止対策に取り組む飲食店や観光関連事業者を対象に行う認証制度「みえ安心おもてなし施設認証制度(あんしん みえリア)」にて、認証施設登録を完了いたしました。

電気も「地産地消」 プール113個分のCO2を削減

~三重県産CO2フリー電気「三重美し国Greenでんき」導入~  株式会社グリーンズ(本社:三重県四日市市、代表取締役社長:村木雄哉、証券コード:6547)では、同社が運営するコンフォートホテル鈴鹿(三重県鈴鹿市)で利用する電力について、中部電力ミライズ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:大谷真哉)が提供する「三重美し国Greenでんき」の需給契約を締結し2021年9月1日(水)より利用を開始しました。

タイトルとURLをコピーしました